DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

タイはバンコクだけではない!タイ国内の観光スポットを抑えてみよう!

time 2014/08/21

14508360605 1027f5db1a z

タイに旅行へ行くことが決まった!!
行く場所はバンコクだ。

ちょっと待て!!!

バンコクでシティーライフを楽しむのもタイ旅行の醍醐味ではあります。でも知っていますか?タイにはシティーライフ以外にも沢山の楽しみ方ができる国であるってことを。

東京からバンコク。雰囲気はまったく違うけど、シティーはシティーです。もっと大自然に囲まれて普段のストレスからも開放されたいと思っていませんか?

そんなあなたへ、今日はタイ国内で旅行が楽しめる場所をまとめました。

sponsored link

首都バンコクでシティーライフ

日本からタイへ行く旅行者なら、ほとんどの人が来ることになるのがタイの首都バンコク。いうまでもなく超巨大都市で東南アジアの中でも1位、2位を争うほどの都市であることは間違いない!

多くのホテルが乱立し、旅行者向けのレストランも豊富で、スパやマッサージといったサービスをしてくる店を楽しめるのもバンコクの醍醐味。DeeMaaKではバンコクを中心とした情報を提供しているので他の記事を参考にしてもらいたい。

もしあなたがタイ国内の旅行を楽しみたいのであれば参考にしてもらいたい。
日本からのタイ行きの飛行機のほとんどがバンコクのスワンナプーム空港に到着し、タイ国内を移動するのであれば、そのまま飛行機を乗り継ぎ、もしくはバンコク市内まで移動してバスや電車を利用したタイ国内旅行を楽しむことも可能だ。

▼日本からのアクセス
・飛行機:約6時間

バンコクから日帰り、小旅行

首都バンコクのホテルに滞在して、日帰りでの旅をすることも可能だ。バンコクから一歩飛び出すことで、歴史を感じたり、自然を楽しむことができ、バンコクのシティーライフでは見られない、タイのすばらしさを体験できます。

アユタヤ

バンコクから1時間30分で行くことができ、歴史的な寺が点在している世界遺産の街。アユタヤで1番有名なものといえば、仏像の顔が木に埋まっている遺跡だ。

▼バンコクからのアクセス
・バス:1時間30分
・電車:1時間30分

カンチャナブリー

タイの国立公園に指定され山と渓谷に囲まれていて大自然を体感でき、映画「戦場に架ける橋」の舞台にもなっている鉄道橋が有名だ。国立公園内では様々なアクティブティを体験することもできるから、日帰りではもったいないと思う人もいるかもしれない。

▼バンコクからのアクセス
・電車:2時間40分
・バス:2時間

タイ第二の都市「チェンマイ」は北にあり

バンコクと比較してしまうと小さな街だけど、特にチェンマイの旧市街は堀と城壁に囲まれた歴史を感じることができる街になっている。またタイ北部の独自文化、独自の食事を楽しむことができるのも特徴のひとつだ。

▼バンコクからのアクセス
・飛行機:1時間10分
・電車:約14時間
・バス:約10時間

タイで歴史を堪能できるスコータイ

バンコクから北へ約440キロメートル、「幸福の夜明け」を意味する名前のスコータイ。多くの仏教寺院が残っていて世界遺産に登録されている。

バンコクからのアクセスが良いとはいえないが、歴史や遺跡に興味がある人はぜひとも訪れたいスポットだ。

▼バンコクからのアクセス
・飛行機:1時間
・バス:約7時間

バンコク近くで海を堪能する

142144891 f2c3340a7e z

タイには山もあれば、海もある。バンコクから2時間から3時間もバスに乗ればビーチリゾートが待っている。日本の海水浴場よりは綺麗な海なので、ノンビリビーチ沿いで本を読んだり、ビールを飲んだりする日本の生活とはことなる時間を過ごすのはどうだろうか?

ホアヒン

タイの王様の避暑地として知られている場所。少しグレードの高いビーチ沿いのホテルを予約してノンビリ過ごすのがベスト。夜になるとナイトマーケットもあるので、B級グルメも存分に楽しめる。

▼バンコクからのアクセス
・電車:3時間30分
・バス:3時間

パタヤ

大人のおじさん日本人・欧米人が集まるいかがわしい街?女性だけで行ってもあまりおもしろくないかもしれないが、高級ホテルHirtonに泊まってビーチの景色を眺めてユックリとした時間を過ごすのはどうでしょうか。

▼バンコクからのアクセス
・電車:3時間30分
・バス:2時間30分

タイの島で海を満喫!

バンコクから飛行機に乗って、島を楽しむことができるのもタイの醍醐味のひとつだ。ダイビング・シュノーケリングを楽しんだり、ゆったりとビーチで日焼けするなど海を満喫したいならタイの島に行くのはおすすめだ。

日本人だけではなく、欧米人のリゾート地にもなっているからホテル、レストランはもちろんスパやマッサージも充実している。

プーケット

日本人に「タイの地名と言えば?」と聞いて多くでてくる回答がプーケット。なぜかプーケットは日本人にへの認知度が高くリゾート地のひとつとして人気がある。

日本からバンコク乗継便が多くあるからタイの島の中でも行きやすい島のひとつだ。

▼バンコクからのアクセス
・飛行機:1時間20分
・バス:14時間

サムイ

タイで3番目に大きい島で、島全体がココナッツで覆われていて大自然を満喫できる。この大自然の中にあるホテルに滞在してリゾートを満喫するプランはお勧めだ。

▼バンコクからのアクセス
・飛行機:1時間

クラビー

タイの秘境のビーチと呼ばれていて、映画「ザ・ビーチ」の舞台にもなった場所だ。クラビーのまわりには100以上の小さな島があり、その島をめぐるツアーも準備されていてユッタリするのに飽きたらアクティビティにも挑戦できる。

▼バンコクからのアクセス
・飛行機:1時間10分

マニアックなタイ北東部「イサーン」

ラオスやカンボジアからの影響を受けながら形成された独自文化が広がっているのがイサーン地域だ。旅ができる環境が完璧に整っているとはいえない地域だけど、人の温かさに触れながら旅を続けるのも面白い。

今日のDeeMaaK

タイはバンコクだけではない!!
タイに来てバンコクだけで楽しむのも旅行のひとつです。2回目、3回目のタイ旅行であれば少し足を伸ばしてシティライフから離れた旅行をするのはどうでしょうか?
きっといつもと違う微笑みが返ってくるはずです。

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券