DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

「タイお土産一覧」そのお土産はバラ撒き用?それとも自分用?

time 2014/08/27

タイに旅行に来て、最終日に近づくにつれて気になるのが日本で待っている友人や知人、会社の同僚へのお土産ではないでしょうか。

いったいタイで何を買えばいいんだ?
って思ったあなたへ今日のDeeMaakはお土産リストをまとめました。

タイに来て多くの旅行者がお土産として購入していくもの、タイの中でハイブランドとされているお土産、逆に少しマニアックなお土産紹介していますので、日本向けのお土産に参考にしてみてはどうでしょうか?

sponsored link

タイブランドのお土産

thaisilk

タイのお土産の中にもブランドとなっている物がある。日本に帰って本当に使うの?って疑いたくなるような商品もあるけど、タイの中では有名なブランド品になっているので、旅の思い出に買うのもよし、お世話になっている人にプレゼントすると喜ばれるでしょう。

ジムトンプソン(JimThompson)

欧米人がタイでシルクブランドを作ってバカ売れしているメーカー。たしかにシルクの質がよくデザイン性も良いのでお土産にするのには最適だ。

ただ日本に帰国した時にシルクを本当に使うのか、じっくり考えてから買うようにしましょう!

JIM THOMPSON – The Thai Silk Company | Fabrics, Restaurants and Bars, Shop Online, Publications, Farm

ハーン(HARNN)

日常生活で利用する石鹸、ハンドソープ、アロマオイルといった物を取り扱っている店で、ホームスパができるようにという目的でできたブランドハーンだ。

今では日本でもECサイトを運営する代理店もあるのであまりタイらしいお土産と感じないかもしれない。

ナラヤ(NaRaYa)

ハンドバック、小物のブランドとして立ち上がったのがナラヤだ。日本人旅行客がこのナラヤの買物袋を持っている姿をよくみるので、タイっぽいデザインの小物をお土産として買うのがいいでしょう。

ブランドという位置づけだから価格は少し高め。

Narai Intertrade

その他

▼プロパガンダ(Propaganda)
タイの新興デザインブランドとして日常生活で利用するインテリアを販売しているブランド。ユニークなデザインが好きな人にお薦め!

▼タンゴ(TANGO)
バンコクのサイアム・センター3階にあるタンゴという革製品の鞄を取り扱っているタイブランド。

ザ・タイのお土産といえば

thaitshirt

せっかくタイに来たからにはタイらしいお土産が欲しい!!
これぞタイのお土産の定番というものになりますが、多くの旅行者が買っていくだろう物を紹介します。

タイの雑貨

東南アジアは雑貨大国です。タイにもやはりタイ雑貨が多く存在していて、タイ北部の民族が作った玩具や文具など小物が沢山あります。

バンコクのマーケットに行けば必ず手に入れることはできます。

Tシャツ

「タイランド」と英語・タイ語で印刷されたTシャツを街中で見かけます。さすがにタイランドはださいと思ったなら、象や仏像の絵が書いてあるTシャツも売っています。

おそらく旅の思い出として買ったTシャツは日本では寝間着になる予感がします。

石鹸

タイの旅行雑誌にも必ず紹介されているマンゴスチン石鹸とノニ石鹸。確かにいい匂いだし、女性には肌スベスベの効果でもあるんでしょう。

アロマ、お香

マーケットに行けば必ず手に入るお土産のひとつ。日本よりもアロマオイルもお香も安く購入することができる。特にお香は、お香を置く台がオシャレで可愛らしい商品が多数あるのでセットで購入するのはどうでしょう。

キャンドル

これもマーケットでよくみかけますが、なんの変哲もないロウソクです。ただ日本で買うよりは安いので、ロウソクを収集しているマニアがいればぜひ買ってみよう。

スパセット

タイにはマッサージ、スパのサービスが充実しているのもあって、スパの道具一式が販売されている。値段はピンきりだが、タイのオシャレなスパセットは日本ではなかなか見かけないデザインをしているので、思い出のひとつとして買っていくのもありだろう。

タイのスーパーやコンビニで買えるお土産

thaisuper

タイのセブンイレブンやファミリーマート、ローカルに愛されるスーパーマーケットに行けば買えるお土産もたくさんあります。お土産にできそうな物をまとめてみました。

お菓子

フルーツチップス、ドライフルーツ、プリッツ(ラープ味)などはタイのお菓子として有名なお土産品になっています。フルーツ系であればドリアンやココナッツをよく目にしますが、ドリアンは癖があるので、必ず試食をしてから買いましょう。

コーヒー

あまり聞かないかもしれないけど、タイにもコーヒー豆があります。日本で好きなコーヒー豆を買ったほうがいいかもしれないけど、コーヒーが好きな人が周りにいるのであれば喜んでもらえるのではないでしょうか。

インスタントラーメン

2014年の春先は日本でも大人気だったトムヤムラーメン。本場のトムヤムラーメンをお土産にするのはどうでしょうか?ラーメンの1個あたりは5バーツから10バーツ、日本円では15円から30円になります。

あまり大量に買っても荷物がかさばってしまうけど、今が旬のお土産のひとつです!

タイ料理ペースト

タイにも日本のクックドゥのような商品が多数存在しています。なかには日本語で裏面に作り方の記載もあるので、日本でタイ料理を作りたいと思っている主婦が周りにいるのであれば嬉しいお土産になることでしょう!

調味料

タイの代表的な調味料といえばナンプラー、魚醤です。その他にもいくつか調味料はあるけど、瓶で詰められているものが多いので荷物は重くなります。まずは荷物と相談してみましょう。

タイの面白いお土産

▼ノーズミント
よくタイ人を観察してみよう。突然リップクリームのようなスティックを鼻に突っ込んでいるオジサンがいませんか?これがノーズミントといってミントの香りがするスティックで、ほとんどのタイ人が頭をリフレッシュするために持っています。

昔パリスヒルトンも使っていて、一部の日本人も持っていた商品です。リフレッシュ効果があり、手軽に使える、値段も安いのでばら撒き用のお土産に使えます。

▼タイのCD
タイの路上で見かける屋台のCD屋さんでタイミュージックを集めるのはどうでしょうか?友達向けのお土産で小ネタを作っておくのも笑いを呼んで面白いのではないでしょうか?

▼ベンジャロン製品
タイの伝統陶磁器です。こんな物どこで利用するんだ?って思ったあなたは負けです。買うのは止めましょう。逆に伝統工芸品を収集するのが趣味にしている人が周りにいるのであればプレゼントしてみてはどうでしょうか。

今日のDeeMaaK

今日はタイの定番のお土産を紹介しましたが、屋台やマーケットにはまだまだ知らないお土産が眠っています。自分の足で屋台やマーケットを周ってスペシャルなお土産を見つけることもできるはず!

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券