DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

これだけは外せない「タイの祭り」王道まとめ

time 2014/10/23

fes

「タイのお祭りに参加したい!」

バンコクやチェンマイといった日本人の旅行スポットとなっている場所で行われる祭りもあれば、地方都市のマニアックな祭りもある。

地方都市に行ったら死ぬほど祭りが実施されていると思うけど、(もしかすると毎日祭り気分の街もあるかもしれない)タイ初心者の旅行者はまずはタイでもっとも有名な祭りから参加をしてほしい。

今日はタイで行われている祭りの王道をまとめました。

sponsored link

タイ「王道の祭り」

タイの祭りは大きく2つだ。日本のように出店なんて特別作られない。普段から屋台が大量に出ているタイではなんら特別なことではない。またお神輿や花火といった祭りスタイルでもない。もっと激しく、やさしい祭りがタイでは行われている。

最初の2つがメインイベントの「水かけ祭り」と「ロイクラントン」その他はおまけとして考えよう。

ソンクラン

タイの旧正月を祝う祭り。仏像や仏塔、家族の年長者の手に水をかけて清める風習でしたが、今や水を掛け合って大騒ぎする「水かけ祭り」に変化を遂げています。

世界中から旅行者が集まって水を掛け合う姿は、もはやカオスとしか言いようがない!

時期としては4月中旬に行われる。カレンダーを要チェック!!

ロイクラントン

名前だけをみるとクソ難しい名前だけど、日本でいう「灯篭流し」だ。

川の恵みへ感謝と自分のけがれを流すため、灯籠を川にながします。全国で実施される祭りだけど、世界最大規模の灯篭流しを見たいのであればチェンマイに行くべし!チェンマイでは灯籠流しの他、コムローイと呼ばれる熱気球を大量に空へ飛ばすのだ。

飛ばした熱気球が民家に落ちて火事になることもあるから注意が必要だ。

祭りの時期は11月中旬。

大晦日

どこの国に行っても同じイベントだ。1年の最後を祝うためバンコクの「セントラル・ワールド」前に20万人ほど集まって行うカウントダウンは圧巻だ!!

ミスバンコクコンテスト、ライブなどもやっているから人混みに耐えて楽しめる人にはお薦め。

スワンボートレース

毎年9月にチャオプラヤー川で行われる国際ボートレース。本当に国際レースなのかは不明だ。

12月5日父の日

ラマ9世プミポン国王の誕生日を祝う日としてサナムルアン王宮広場で大祝典が行われる。大通りはイルミネーションでいっぱいだ。

今日のDeeMaaK

まずはソンクランから参加してみよう。子供の頃に遊んだ水鉄砲合戦を思い出せ!!

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券