DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

バンコクの交通手段には渋滞しらずのバイタクを使うって手もあります。ただし自己責任。

time 2014/11/08

bangkokbike

渋滞が多いバンコク。タクシーを利用しての移動は時間帯によっては非常に時間がかかってしまう恐れがある。
もちろん、BTSやMRTなど電車が通っている地域での移動では、それを使うことで問題がないが、それ以外の地域への移動の際にはバイタク(モタサイ・バイクタクシーのこと)を利用するって手もあります。
また、電車で移動してきた後に目的地まで少し歩かなければいけない際はバイタク移動が便利です。
しかい、ノーヘルメットでバイクに2人乗りを行うことになるので危険も伴います。

sponsored link

バイタクはどこで乗れるの?

バイタク乗り場は道の入り口や角のあることが多いです。駅周辺には必ずあります。
オレンジや紫のゼッケンを着た人たちが運転手さんになります。

どうやって乗ればいいんですか?

乗り場で乗る際は声を掛ければバイクに案内してくれます。
乗り場以外で拾う際は空車のバイクにタクシーを止めるような要領で手をあげるか、乗り場に向かって手を振ってください。気づいてもらえればこちらに来てくれます。

料金はいくらですか?

乗り場には料金表がありますが、タイ語なので読めないでしょう。
ホテルやレストランからソイの入り口まで行くので10バーツから20バーツ程度です。
彼らのテリトリー範囲内では交渉制ではなく定価なのできちんとお釣りをくれます。
ただし、彼らのテリトリー外にいく少し距離のある移動は事前に価格交渉が必要です。
タクシーよりも高い料金になるのが一般的なのですが、渋滞の際は非常に有効です。

運転技術はどうなんでしょうか?

渋滞のバンコクを走っている人たちなので、車を間をぬうように走ってくれます。
ただし、足を狭めておかないと車にぶつかってしまうことがあるので気をつけて!
運転技術よりも驚くのが女性客の乗車技術です。
彼女たちはスカートで足を広げたくないので、またがるのではなく横ノリで乗車します。
しかし、長年の乗車技術でスノーボードにのってるかのような驚きのバランス感覚を見せつけてくれます。
日本人は危険なので絶対後ろでまたがって乗ってくださいね。

今日のDeeMaaK

少しの距離もあるくことが嫌いな、タイ人の特性を表したような交通手段です。
地域での許可制の交通手段なのでひどいぼったくりや、連れ去られるなどという危険な目にあうことはありませんが、バイクの事故は多発しております。
観光客は積極的に使わないほうが無難であることは言うまでもありません。

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券