DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

ショック!タイの「1000バーツ紙幣」は嫌われ者だった。

time 2014/07/26

1000バーツ

中国での赤毛沢東(100元紙幣)大人気ぶりは旅行経験のある人ならご承知の通り、いつでも何処でも赤い指導者の肖像画があなたの旅行を手助けしてくれます。

ここタイでも最高紙幣である1000バーツ紙幣は国民の尊敬を一身集めるプミポン国王様のご肖像が印刷され、国民から大変人気のはず。と思いきや、時と場合によっては嫌われ者になることがあるんです。そう、アメリカのベンジャミン・フランクリンのように。

そんなシーンに遭遇しないために日ごろから配慮をしておこう。

sponsored link

タクシーでは使えないことが多い。

タイタクシー

彼らの決済単位は数10バーツ単位。

タクシーなどはいつ日の売り上げが1000バーツにも満たないし、稼いだ金はその日のうちにLEOビールに交換され消費される仕組みが確立されているので、お釣り用の1000バーツなどは準備されてないぞ。

バイタク(モータサイ)に至っては100バーツの釣りすらないという輩もいるぞ。

屋台でもやっぱり嫌われ者

タイヤショップ

道端で売ってるカットフルーツ、南国タイならでは贅沢は20バーツ程度で手に入るぞ。颯爽と指さしオーダーを済ませると慣れた手つきで食べやすいようにカットしてくれます。

俺:ありがとう、オヤジいくら?
オヤジ:20バーツだぞ、ジープン。タイのフルーツとサオサオは美味いだろ!

満面の微笑みで冗談を言うオヤジに1000バーツ差し出した途端に親父の笑みが消える。やはりここでも1000バーツ紙幣は嫌われていた。

屋台が連なる場所では、周りに声をかけて崩してくれることもあるが、使えないものだと思っておいた方が無難である。

両替はコンビニエンスストアーが便利だぞ。

タイセブン-イレブン

普段から気を使っていれば前述のような事態は回避できます。

コンビニで買い物するときは少額でも1000バーツ紙幣を崩すチャンス。タクシーに乗る前に小額紙幣の持ち合わせがない時はコンビニでガムや水を買おう。嫌な顔されずにキチンとお釣りをくれるぞ。
万が一タクシーや屋台で支払いに困ったらコンビニに駆け込んで何か買うという方法がとれます。ちゃんと待っててくれるのでご安心を。

ファーストフードやショッピングセンターなどもお金の管理がしっかりしているので、1000バーツが使いやすいスポット。積極的に崩しておこう。

タイにおいての1000バーツの価値とは

1日の最低賃金が法律で300バーツ(2014年現在)である国で1000バーツは日本人の10000円以上の価値があると感じる現地人が多くいます。つまり1000バーツすら、持ち歩くことの出来ない人が沢山生活しているわけで、当然商人側もその支払いに対する備えがない事が多いんです。

今日のDeeMaaK

財布の中に100バーツ(赤紙幣)が2,3枚あれば安心なので、普段の生活から意識して行動しておこう。

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券