DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

トゥクトゥクの持つ二面性を知っていてこそ賢いバンコク旅行者なのだ

time 2014/09/04

バンコクに来たらトゥクトゥクに乗りたい!そんな旅行者は多いはず。
ちょっと待て!トゥクトゥクに乗る前にDeeMaakで勉強しておいた方がいいぞ

sponsored link

そもそもトゥクトゥクとは?

タイ人の間ではサムロー(3輪車)と呼ばれる乗り物である。いつからか、トゥクトゥクという愛称で呼ばれるようになった、元来は庶民の移動手段の一つであった。少なくなったとはいえ、まだまだ街中にはトゥクトゥクが走っています。
私の知る限りでは、現在のようにタクシーがフルメーター化されるまでは、タクシーよりも安い交通手段であった。

現在の位置づけは観光客用とバンコクのローカル地区の移動手段

現在、街中を普通に流しているトゥクトゥクを拾って行き先をいったら間違いなく最低100バーツからの言い値になる。
これは観光客へのぼったくり価格が存在しているためで、この価格でも乗る人間がいるということだからである。つまり遊園地のアトラクションと同じプライシングなのである
しかし、バンコクでも中心部から少し離れた郊外のショッピングセンターなどで客待ちしているトゥクトゥクは20バーツから乗れてしまうのである、こちらは近郊移動向けてバイタク(バイクタクシー)と同じ利用のされ方で買い物して荷物の多い人用の乗り物なのである。

じゃあどうやって乗ればいいの?

せっかくタイにきたんだし写真をとるために乗る人も多いはず。
そういう人のためにアドバイスしちゃいます。

行き先はわかりやすい場所にしましょう

サイアムやルンピニーなどわかりやすいランドマークにいくために使うのがオススメです。
あくまでもアトラクションです。ただし、寺院などわかりやすい目的地の移動に使うと観光者向けの詐欺の餌食にされることもあるので気をつけよう!

値段交渉は適当にしましょう

どこに行くにも100バーツで交渉しましょう。ちなみに観光客慣れしてるため、タクシーよりも英単語が使えるドライバーが多いです。

長距離はむちゃくちゃ飛ばすので要注意

道の空いている夜などはものすごくスピードを出すので携帯なんかいじってないできちんと手すりにつかまってください。

ホテルの送迎用のトゥクトゥク

幹線道路から離れたスクンビットなどのホテルは自前のトゥクトゥクで幹線道路までの送迎サービスを行っていたりします。
利用した際は毎回チップを上げる必要はありませんが、最終日などにありがとうの意味を込めて小額でもチップを上げるとよいでしょう

今日のDeeMaaK

記念撮影だけでもと思って近くで写真をとってもお金を要求されることがあります。
近距離でも利用して、ドライバーさんに写真撮影してもらうのがDeeMaaK

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券