DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

タイのスターバックスで”コーヒー”を注文するなよ。コーヒーの代わりに水をぶっかけられるぞ。

time 2015/02/08

タイ人に聞くと、幾つかの日本語の単語がタイ語に聞こえてしまうらしい。
当然こちらは日本語のつもりで話しているので、そんなつもりは無いのだが要注意が必要な単語が幾つか存在する。
おまえら間違ってもタイで以下の単語を使うんじゃないぞ。

sponsored link

コーヒーはタイ語ではカフェーです。

スターバックスに行って注文するのはコーヒーです。
日本人にとってコーヒーという単語はなんとなく外国語に感じるため、タイでも通じそうに感じますが、全く通じないどころか別の意味に捉えられてしまいます。
特に店員が女性の場合は嫌な顔をされるでしょう。意味は書きませんが卑猥な言葉です。

怖いお兄さんに囲まれた時に”怖い、怖い”というと殴られます。

恐怖体験をしている時には反射的に日本語が出てしまいます。
いくら相手のお兄さんが怖いからといって反射的に”怖い怖い”というと相手を挑発することになります。

綺麗という言葉は全く反対の意味になります。

綺麗な女性に綺麗というと、タイ語では醜いという意味になります。
日本語のキレイという表現も有名なので、あなたが日本人であるということがわかれば、それは日本語ですか?タイ語ですか?とおきまりのタイ人ジョークで切り返してくれることでしょう。

医者ということばにも危険性あり

医者という言葉には特に意味は持ちませんが、イシヤという言葉も相手を侮辱する言葉です。
また、ヒアというのも同様に悪い言葉なので、喫茶店で”お冷”という言葉を発するのも危険です。

今日のDeeMaaK

逆にタイ語の単語が日本語に聞こえるもので代表的なのが”本当”という意味のタイ語です。
“Jing Jing”という単語です。かわいい女の子の口からこの単語が発せられても興奮するんじゃねえぞ!

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券