DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

UberとGrab TAXIはバンコクのタクシー事情を変えることができるか??

time 2015/01/11

バンコクではタクシーの利用が便利であると、DeeMaaKの過去記事でもお伝えしているが、
相変わらずの乗車拒否やメーター不使用によるボッタクリも相変わらずの状態であり、
日本からの旅行者にとっては利用しにくい面も残っているのも事実である。
そういった状況を打破するために国はタクシーの値上げを認め去年末から新料金での運用を開始しているが
こちらにいる限りサービスの向上がなされているとは思えない状況である。
そんなタイでも、UberとGrab TAXIというスマホを使ったサービスが去年から上陸している。

sponsored link

旅行者にとっての不便を補ってくれるサービスである

旅行者がタクシーを使う際の一番の難関は、言葉の問題であろう。
タイの人は地図を読むことが苦手であるため、せっかくグーグルマップを見せても通りの名前などがはっきりわからなければ、どこに行くのか理解してくれない。
おまけにこっちのタクシーは乗る前に場所を伝える必要がある。

Uberを使ってみよう!

スクリーンショット 2015 01 11 13 44 46

Uberは日本でもサービスが開始されている通り、アプリからハイヤーを呼び出すサービスである。
こちらタイでも去年からサービスが始まっている。
アプリがあなたの位置情報を認識してくれるから、近場にいるUber契約のドライバーが迎えに来てくれることになり、行き先もアプリ内の地図で指定することによって、言葉の壁も乗り越えることができるのだ。
お値段はタクシーよりも高めだが、メータータクシーのドライバーの言い値よりも安いため、旅行者には問題なく使えるレベルである。
こちらのアプリはクレジットカードを登録しておくタイプであるため、キャッシュレスでの利用が可能。

Grab TAXIを使ってみよう

スクリーンショット 2015 01 11 13 47 38

Uberは国のハイヤー免許を持っていない独自の契約ドライバーによって運行されているため、タイの法律上問題があるのも事実。
この先、タイでもサービス提供がグレーである。
Grab TAXIは既存のタクシー会社との提携によって成り立っているため、登録車はタクシーである。
アプリで予約して車を呼ぶ作業はUberと同じであるが、一般のタクシーが迎えに来る。
また、支払いもUberがクレジットカードであるのに対して、Grab TAXIは普通のタクシーと同じく現金払いになる。
また、金額プラス迎車代(25バーツ/2014年末現在)を支払い必要があります。
深夜の繁華街や観光地で、メータータクシーが拾えない場所などでの利用が便利だと思います。

今日のDeeMaaK

タクシーでストレスを溜めるは、せっかくの旅行に水をさすもの。
便利なサービスを利用して、楽しい旅行にするのがDeeMaaK

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券