DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

「ルンピニ公園」を住居にする恐竜。これがタイの常識だ!

time 2014/09/07

lumpini

バンコクの公園といえば「ルンピニ公園」
バンコクに住んでいる多くのタイ人、外国人が答えてくれるだろう。写真のように大きな池があって、池の周りをランニング、サイクリングができるように舗装していたり、屋根付きのベンチを置いて雨が降っても休めるような場所もある。

ルンピニ公園はタイ人と外国人にとっては憩いの場になっていることは間違いない!しかし、この憩いの場も見る角度によってはこんな景色にもなる。

lumpini

ルンピニ公園のとなりにはバンコクの大手町と呼ばれるシーロムエリアが隣にあり、超高層の商業ビルに囲まれた公園でもあるため、日本の皇居に近いものがある。

sponsored link

ルンピニ公園で恐竜を発見!

のんびりしていて、タイ人と外国人の憩いの場となっているルンピニ公園を散歩していると、なんと恐竜に出会うことがある。

doragon

超デカいトカゲだっ!!

初めてこのトカゲを見た時は、新しい発見をしたと勘違いをしてしまうほど衝撃的なデカさだっ!

バンコクに住み慣れている人にこの超デカいトカゲの話をすると「ルンピニのドラゴンでしょ?」とかなり冷静な回答が返ってくる。
興奮していた自分のテンションがどん底まで下がってしまったことは今でも忘れない。

doragon

日本の皇居にこんなデカいトカゲが生存していたら大問題になることでしょう!危険と判断されてトカゲを保護して動物園に入れてしまう、もしくは銃殺なんてこともありえるかもしれない。

ルンピニ公園で古代をイメージ

lumpini

初めてバンコクの「ルンピニ公園」を訪れるのであれば、古代公園に来るイメージを持っていても面白いかもしれない。トカゲの他にも超デカい”亀””カタツムリ”を発見することもできる。

日本では見ることはない巨大生物を確認できる憩いの公園、それがルンピニ公園です。

今日のDeeMaaK

バンコクの大都会のなかで、巨大生物に手軽に出会いたいのであればルンピニ公園はお薦めだ!
ただバンコク郊外に行けば見たこともないような巨大生物に出会う確率はグンと高くなる。ザ・熱帯地域!

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券