DeeMaaK.info

旅行者のために絶対に面白いタイ・バンコク情報をお届け!

バンコクの基本移動手段のエース ”タクシー”について知っておくべきこと

time 2014/09/08

taxi

バンコクのタクシーはうまく使えばとっても便利な手段です。
でもここはタイ、日本のタクシーのようにはいかないんです。

sponsored link

バンコクのタクシーは乗車拒否が当たり前。

日本との一番の違いは、タクシー運転手が拒否権を持っていること
とにかく渋滞が嫌いなドライバーが多いので、少しでも面倒だと思ったら断られます。
乗る前にドアや窓越しに行き先を伝え、了解を得てから乗りましょう!
また地図を読めないドライバーが多いので、エリアや通りの名前、目印になるホテル名やショッピングセンターなどを伝える必要があります。

行き先を伝えるのが難しいと思った方は、ホテルの人やレストランの人などにタクシーを捕まえてもらいましょう。
その際は20バーツ程度のチップをあげてくださいね。
また、自分のホテルのホテルカードを持っておくと便利です。フロントに名刺がおいてあることが多いのでもらっておきましょう!

ぼったくりは日常茶飯事です

繁華街から乗る場合、特に夜間はタクシーの需要が多いため、メーターを使わずに言い値をいってくる場合があります。
そういったタクシーはさけてください。
行き先交渉前に乗ってしまった場合は特に言い値をいってくる場合がありますので、乗る前に交渉とメーターを使ってくれることを確認してください。
拾うときのコツは、自分がいきたい方向に走っているタクシーを探すことです。Uターンなんてしてくれない、面倒くさがりのドライバーが多いので自分が道路を渡ってからタクシーを拾った方がようでしょう

夜間の女性だけでの利用時は危険なこともありますので要注意

タイ人の女性ですら嫌がらせを受けることがあるという位、モラルの悪いドライバーが存在します。
女性の特に1人での利用時には用心してください。
タクシーに乗車したら芝居でもいいので、電話をして、タクシーに乗ってる旨を誰かに伝えるふりなどをしてください。場所などタクシー運転手がわかりそうなキーワードを入れて話をすれば、ドライバーも誰かが待っているという警戒をするはずなので危険防止になるでしょう。

また走行中はGoogle Mapなどでタクシーのコースと行き先がきちんとあってるかを確認しておきましょう。
万が一、大きくずれていたら日本語でもかまわないのでドライバーに話しかけましょう。
本当に危険を感じたら、誰でもいいので電話をかけて、車のナンバーなどを伝えましょう。

チップは必要ありません

タクシーでは、チップを支払う必要はありません。
また1、2バーツ程度の端数であればこちらから、切り捨ててしまっても問題ありません。61バーツなら60バーツの支払いでOKです。
もちろん、逆に切り上げて払うこともありますし、バーツ単位の小銭をきちんと払う必要もないですし、小額のおつりももらわないことが多いです
前述の記事にもある通り1000バーツ札は使えないので事前に崩しておきましょう

早朝の空港移動について

早朝は場所によってはタクシーが拾いにくいですが、大通りに出れば問題なく拾えます。
大きなホテルでは早朝の空港利用者を待っているタクシーもありますが、小さな通りのホテルではそういうこともなく、拾うのに苦労するケースがあります。
もし旅行中によいドライバーに巡り会って言葉が通じそうな場合は、空港の送迎をお願いしてみるのもありです。
ただ、そこはタイ人なので、時間通りに来てくれないこともあります。その際は待つ必要もなく別のタクシーに乗ってしまいましょう。

今日のDeeMaaK

タクシーは働かないタイの男たちの簡単になれる職業です。
なので、本当にむかつくドライバーも中にはいます。ただ、こちらがキレてけんかしても全く特にはなりません。
何か起きてしまった場合はメーター相当のお金を払って、速やかに立ち去りましょう。
もちろん、いいドライバーさんもたくさんいますので、ご安心下さいね。

sponsored link

down

コメントする




現地情報

美容

sponsored link

年会費無料で海外保険付帯

タイのホテルが安くなる

まだ間にあう格安航空券